Nvidiaのグラボがのったマシンにubuntu 20.04をインストールしてCUDA対応のX11対応アプリをビルドする方法

ubuntu safe graphics

を選ぶ。

通常インストール

を選ぶ。

NvidiaのドライバはOSインストール時にはいれない

入れると、cudaをインストールする時に、ドライバが存在してしまい、後でややこしくなる。

というか、cudaをうまくインストールできない。

cuda のサイトからubuntu20.04用のインストール指示に従う

debパッケージ(local)でやった。

runを使う、debパッケージのインストール、おそらくどの方法でもうまくいくはず。

環境にNvidiaのドライバもcudaも入っていないため。

.bashrcでパスの設定

gcc のバージョンを確認する。

nvcc -Vでcudaのバージョンを確認する。

GUIがあるアプリをビルドするためにはX11が必要だった。

sudo apt install libgl1-mesa-dev xorg-dev

X11が入ったかどうか確認するために

xeyesで確かめる。

xeyesアプリをインストールする

sudo apt install x11-apps

これでcuda対応のアプリをビルドできる。

実際に私のケースではビルドはうまくいった。

コメント