mongodb をmacにインストールして設定する

mongodbをmacにインストールするのに最も簡単なのはbrewをつかってインストールする方法です。

ターミナル brew install mongodb

MongoDBの古いバージョンをインストールする場合

brew searchでインストールできるmongodbを探します。

brew search mongodbターミナル
==> Formulae
mongodb mongodb@3.2 mongodb@3.6
mongodb@3.0 mongodb@3.4 percona-server-mongodb

となってmongodbは最新版の4.x.x以外にも3.0, 3.2, 3.4, 3.6が存在することがわかります。
例えば、3.2をインストールしたい場合は、パッケージ名の後に@3.2と付け加えて、

ターミナル brew install mongodb@3.2
とします。

インストールするmongodbパッケージの詳細を確認する

 

ターミナル brew info mongodb

brew infoコマンドでmongodbのbrewでの扱い方を見てみましょう

mongodb: stable 4.0.4 (bottled)
High-performance, schema-free, document-oriented database
https://www.mongodb.com/
/usr/local/Cellar/mongodb/4.0.4_1 (18 files, 258.3MB) *
Poured from bottle on 2019-01-10 at 11:39:09
From: https://github.com/Homebrew/homebrew-core/blob/master/Formula/mongodb.rb
==> Dependencies
Build: go ✔, pkg-config ✔, scons ✔
Required: openssl ✔, python@2 ✔
==> Requirements
Build: xcode ✔
Required: macOS >= 10.8 ✔
==> Caveats
To have launchd start mongodb now and restart at login:
brew services start mongodb
Or, if you don't want/need a background service you can just run:
mongod --config /usr/local/etc/mongod.conf
==> Analytics
install: 32,686 (30 days), 138,628 (90 days), 613,566 (365 days)
install_on_request: 30,929 (30 days), 127,906 (90 days), 546,939 (365 days)
build_error: 0 (30 days)

mongod --config /usr/local/etc/mongod.confで示されているようにmongodの設定ファイルは/usr/local/etc/mongod.confに存在しています。

/usr/local/etc/mongod.confの中身を見てみると

$ cat /usr/local/etc/mongod.conf
systemLog:
destination: file
path: /usr/local/var/log/mongodb/mongo.log
logAppend: true
storage:
dbPath:
net:
bindIp: 127.0.0.1ターミナル

ログファイルは/usr/local/var/log/mongodb/mongo.logで、データベースに実体は/usr/local/var/mongodbに格納されます。

brew install mongodbでインストールが終了すると、自動的にMongoDBのデーモンであるmongodが立ち上がり、ターミナルにmongoとコマンドを入力するとMongoDBが使えるようになっています。

mongod の "d"はデーモンという意味ですが、鬼とか悪魔とかいう意味以外にも守護神という意味があって、コンピュータを守る守護神のことです。
デーモンとはバックグラウンドで動作するプログラムのことです。
mongoコマンドでMongoDBの操作画面に入り、バックグラウンドで動いているmongodに問い合わせを行う。というイメージです。

brewでmongodの起動・停止・再起動を行う

Macに再ログインすると、設定によってはmongodを再度立ち上げる必要があります。

ターミナル brew services start mongodb

でmongodが立ち上がっている状態にできます。

ターミナル brew services stop mongodb

で停止することができます。

ターミナル brew services restart mongodb

で再起動することができます。

mongodが起動しているかどうかは、

ターミナル brew services list

で確認できます。

Robo 3TでMongoDBを操作する

以前は、Robomongoと言われていましたが、現在はRobo 3Tとなっています。

Robomongo

Robo 3TはGUIでMongoDBを操作できる便利ツールです。

MongoDBと接続するためにCreateリンクで接続設定を行います。

Connectionタブから、Nameを適当に決めます(ここではLocalhostにしています)。

Addressはデフォルトのlocalhostでportもデフォルトの27017です。

brewでインストールしたMongoDBに接続するポイントとしてはAdvancedタブからDefault Databaseを適切に設定する必要があります。
cat /usr/local/etc/mongod.confで確認すると/usr/local/var/mongodbになっているのでこれを入力します。

Robo 3T はデフォルトで/data/dbを見に行くので、Advanced設定を行わないとうまくいきません!

 

コメント