引越しついでに回線を楽天ひかりに変えてみたら満足度がハンパなかった

楽天ひかりはどうなの?


めちゃくちゃ速くて良いです。

最近、引っ越したので、楽天ひかりに変更しました。

もともと楽天のヘビーユーザーなので、楽天市場での買い物で楽天ひかりに入っていると1%ポイントが還元されるのですが、これも結構ありがたいです。

実際に楽天ひかりに変えてみて見えてきたメリット・デメリットを詳しく解説していきます。

楽天ひかりのメリット・デメリット

メリット・デメリットまとめ

  • 楽天Un-limit(モバイル)契約していると1年間無料(50160円(マンションタイプ), 63360円(戸建てタイプ)相当がタダ)
  • 回線がめっちゃ速い(無線で500Mbpsでてます)
  • IPv4 over IPv6 が快適
  • 楽天市場でのお買い物時に1%還元
  • コールセンターに電話をかけてもつながらない
  • コールセンターの対応がイマイチ慣れていない

工事まではどれぐらいの日数がかかった?

入居前に、不動産会社に連絡して、大家さんの了解を取り付けて、楽天ひかりに申し込みました。

1月25日にネットから申し込んで、ちょうど2週間たったぐらいで、楽天ひかりから連絡があり、2月27日に工事ということで話がつきました。

実際の工事はNTTから派遣されてきた作業員が行うので、この辺の対応は楽天ひかりというよりもその地域の状況によって変わってくると思います。

コールセンターの対応とキャパはイマイチすぎる

楽天ひかりから電話があるのですが、こちらから電話をかけ直すと全くつながらないので、かかってきたら確実に電話をとることを覚悟しましょう。

仕事中にかかってきて、あまり話せないと伝えて、かけなおしても全くつながらないのでどうしたら良いか聞いたら、こちらが指定した時間に電話をかけてくれるとのことになりました。

ちなみにこちらから電話をコールセンターにかけても30分では結局つながらなかったです。

楽天LINKで電話していたので、費用はタダなので別に良いのですが。時間は無駄ですよね。

それくらいコールセンターはポンコツです。

楽天ひかりのコールセンター対応はイマイチなのですが、一旦光回線が開通すれば全く支障ありません。

IPv4 over IPv6は簡単に接続できた?速度はどんな感じ?

IPv6で接続できるのは、NTTの人の工事後、しばらくかかります。

私の場合、工事の人が昼にきて、実際にIPv6で接続できるようになったのは、午前0時ごろでした。それまで、IPv6で接続できないので試行錯誤してだいぶ時間を使ったのですが結局つながらないので、諦めました。翌日には何の問題もなくIPv4 over IPv6で接続できました。

ちなみに、IPv6が開通すると、メールが届きます。

メールのタイトルは「【重要】<※必ずご確認ください>IPv6開通完了のお知らせ」というもので、その後にIPv6の設定をすればOKです。

それまではIPv4で接続できますのでネット利用には何の問題ないです。IPv4でも十分速かったです。

IPv4 over IPv6がめちゃくちゃ快適

楽天ひかりではIPv4 over IPv6という技術が利用できて、めちゃくちゃ快適と聞いていたので楽しみにしていました。

これに関してはハッキリ言って期待通りです。

快適です。

ただし、楽天のIPv4 over IPv6はクロスパスという仕組みで実現されているらしく、これに対応したルーターでないとこの機能は使えません。

あらかじめその点は押さえていたので、NEC Aterm 2600HP4を購入していました。

NEC Aterm 2600HP4はアマゾンとかでボロカスに書かれていますが、実際に使ってみるとかなり良い機種です。

どうも発売直後はファームウェア(無線LANのソフトウェアのことですね)の問題でかなり不安定で評判を落としていました。しかしながら、度重なるアップデートにより現在ではかなり安定しています。

安定しているにもかかわらず、人気がないため(レビューがボロカス)、かなり安い値段で手に入ります。

ちなみに、人気のあるTP-LinkやNetGearなどの海外メーカーの無線LANはあまりおすすめしません。IPv4 over IPv6に対応している機種があんまりありません。というのもIPv4 over IPv6は海外ではあまりメジャーな仕組みではないからです。

海外メーカーは全世界が相手ですので、全世界の人々の需要に即した製品の開発が優先されます。そのため、日本独特の技術に対応するメリットが薄いのでしょう。

というわけでIPv4 over IPv6対応でメッシュWiFi対応という2つの要件を満たすのは日本メーカーの無線LANになります。

その中でもNECの製品はめっぽう安いです。

楽天ひかりは1年間無料!でもその実態は?

楽天ひかりは楽天UNLIMITを契約していると1年間無料になります。

ご存知のように光回線の費用は結構高いので、1年間無料はかなり大きな額になります。

また、契約期間がやたら長いとか解約手数料がめちゃくちゃ高いと言った落とし穴があると、上記のメリットは意味を無さなくなります。

具体的にどれぐらいお得なのかそのお得度を検証します!

価格コムで合計費用の安い光回線事業者と楽天ひかりを

キャッシュバックが大きいく、実質負担額が小さい光回線事業者と比較してみました。

格安光回線事業者の雄ソネット光と比べてみました。

ソネット光はなんと言ってもキャッシュバック額やたらと高いです。

ただし、途中でヤメた時の違約金も高いので、具体的に1年,2年,3年と契約してヤメた時の実質負担額を計算してみました。

違約金も含めて考えないとフェアじゃないの・・・

楽天ひかりの速度と回線安定性について

楽天ひかりの実際の速度計測結果を貼っておきますので参考にしてみてください。

3月27日土曜日の午前10時ごろに計測しました

種類IPv4接続IPv6接続
接続方式IPoE + IPv4 over IPv6(クロスパス)IPoE(クロスパス)
Jitter21.58ms1.32ms
Ping15.84ms9.65ms
下り138.87Mbps(かなり速い)364.96Mbps(非常に速い)
上り399.12Mbps(非常に速い)472.97Mbps(非常に速い)

コメント