Cloud9(c9.io)にruby on rails環境を一から構築する

C9

Cloud9というクラウド開発環境にrails環境を整備する。

rvmというrubyのバージョン管理システムを入れる

Webサイトはhttps://rvm.io/

gpg –keyserver hkp://keys.gnupg.net –recv-keys 409B6B1796C275462A1703113804BB82D39DC0E3 7D2BAF1CF37B13E2069D6956105BD0E739499BDB

sudoでrvmをインストール

\curl -sSL https://get.rvm.io | sudo bash -s stable

特定のバージョンのrubyを入れる

rvm list  #入っているバージョンを一応確認

rvm install ruby-2.4.2

rubyのバージョンを選択する

rvm use 2.4.2 –default

~/workspace $ rvm list

rvm rubies

ruby-1.9.3-p551 [ x86_64 ]
ruby-2.1.5 [ x86_64 ]
ruby-2.2.4 [ x86_64 ]
ruby-2.3.4 [ x86_64 ]
ruby-2.4.0 [ x86_64 ]
=* ruby-2.4.2 [ x86_64 ]

rvm –defaultで、2.4.2をデフォルトバージョンに設定する。

ruby-2.4.2が=*となっていればOK。次からログインしても2.4.2がデフォルトバージョンとして起動される。

gemのセットアップ

gem -v     # 2.6.13
gem update –system #gem自身をアップデート
rvm gemset list
rvm gemset use global
gem update

Railsで使うgemをとりあえずいれる

gem install bundler
gem install nokogiri
gem install rails

Railsプロジェクトを作成する

rails new DevcampPortfolio -T –database=postgresql

PostgreSQLを起動する

Cloud9でRuby開発環境を設定しておくと、postgresqlが元から入っているので起動する。

sudo /etc/init.d/postgresql start

とりあえずRailsサーバーを立ち上げる

Cloud9では、-b $IP -p $PORTが必要

rails s -b $IP -p $PORT

Cloud9 IDEの右上にあるShareというボタンから,Applicationというurlをクリックしてopenする。

 

コメント