CyberGhost VPNをUbuntuにインストールして使用してみた

VPN

CyberGhost VPNの対応Linux OSは?

Ubuntu 16.04Ubuntu 18.04, Ubuntu 19.10 and Fedora 29, Fedora 30, Fedora 31, Linux Mint 19.3, CentOS 7, PopOS, Kali.

と対応Linux OSは結構幅広いですね。

Ubuntu18.04にCyberGhost VPNをインストール

インストールはめちゃめちゃ簡単です。

CyberGhostでダウンロードしたzipファイルを解凍し、そのディレクトリ(cyberghostvpn-ubuntu-18.04-1.3.2)内にinstall.shというシェルスクリプトファイルがあるのでこれをsudoで実行するだけです。

sudo bash install.sh

CyberGhost Installer ...

No LSB modules are available.
Checking if glibc version is compatible
The glibc version is compatible, continue...
Check if "curl" package is already installed ... Yes
Check if "openvpn" package is already installed ... Yes
Checking OpenVPN version ... Latest ...
Check if "resolvconf" package is already installed ... No, installing ... Done.
Check if "wireguard" package is already installed ... No, installing ... Done.
Continue ...
Installing application ...
Create symlinks ...
Setup account ...
Enter CyberGhost username and press [ENTER]: [登録したメールアドレス]
Enter CyberGhost password and press [ENTER]: [パスワード]
Perform authentication ...
Creating a new device ...
Downloading configuration ...
Installing configuration ...
Removing unused files ...
Install completed ...

必要なパッケージがインストールされます。

私の環境ではresolvconfとwireguardというパッケージが無かったのでインストールされました。

resolvconfはシステムのネームサーバ情報を最新に保つためのフレームワーク です。

wireguardはフリーかつオープンソースのVPNですね。

CyberGhost VPNではOpenVPNとWireGuardをVPNアプリケーションとして利用することができます。どちらかを使って、CyberGhost VPNのサーバーに接続しています。

CyberGhost VPNで登録したアカウント(メールアドレス)とパスワードを入力する必要があります。

cyberghostvpnというコマンドでcyberghostに接続できます。

とりあえず接続する

sudo cyberghostvpn --openvpn --traffic --connection TCP --country-code JP --connect

--openvpn OpenVPNというプロトコルを指定

--traffic デフォルト設定。普通の設定です。

--connection TCPとUDPから選べるけどLinuxではTCPじゃないと安定しない。

--country-code JP 日本のサーバーに接続するという意味

--connectはVPNサーバーに接続するという意味です。

見てきた様に簡単にVPNサーバーに接続できますね。

結構オススメのVPNです。

⇩様々な視点で大手4VPNの比較をした記事は以下です。よかったらどうぞ!

2020年おすすめVPNを徹底比較、チェックすべきポイントを詳しく解説
VPNとは?VPN  =  Virtual Private Network (仮想プライベートネットワーク)です。VPN接続を行えば、インターネット上に仮想的な自分だけのローカルネットワークを構築できます。誰からも通信をのぞかれ...

詳しくオプションをみていく

$ cyberghostvpn --help

cyberghost - 1.3.2

Available arguments:


  SERVICES
  --service-type     : Select a service from list of services.
    --openvpn                     : Select OpenVPN as service.
    --wireguard                   : Select Wireguard as service.


  SERVER TYPES
    --server-type     : Connect to specified server type. Available types: traffic, streaming and torrent. Default value: traffic.
    --traffic                     : Show only traffic countries.
    --streaming      : Get streaming service.
    --torrent                     : Show only torrent countries.


  OTHER COMMANDS
    --country-code   : Connect a specified country. If argument city is not set will be connected to random city from chosen country.
    --connection      : Set connection type for OpenVPN to UDP or TCP. Default value: UDP
    --city              : Connect a specified city from a country.
    --server          : Connect to a specified server.
    --connect                     : Prepare a new VPN connection.
    --status                      : Check if we have VPN connection opened.
    --stop                        : Terminate all VPN connection.
    --setup                       : Setup Cyberghost application.
    --uninstall                   : Uninstall Cyberghost application.

オプションをみていきましょう。

SERVICES

OpenVPNとWireguardからサービスを選びます。

OpenVPNを選んどいたらいいと思いますよ。

SERVER TYPE

  • --traffic ⇨ 普通の通信
  • --streaming ⇨ ストリーミングサービス(動画配信サイトなど)
  • --torrent ⇨ torrentと使いたいならここ

の3種類からサーバーを選べます。

--country-code

接続したい国を選択します。

都市も指定できます。指定しない場合はランダムな都市が選ばれるみたいですね。

--connection

--connectionはTCPを選びましょう。

VPSのUbuntuの環境ではUDPだとスピードが全然でませんでした。

--country-code

cyberghostvpn  --country-code

これでカントリーコードを取得できます。

ちなみに日本はJPです。

最後に--connect

--connectで接続できます。

コメント

VPN
スポンサーリンク
アプリンゴをフォローする
スポンサーリンク
アプリンゴ