Surfshark VPN をUbuntuで使用する方法を解説

SurfShark
スポンサーリンク

SurfsharkはUbuntu OSから簡単に使えるよ

SurfShark にはUbuntuで簡単に利用できるようにdebパッケージが用意されているのでインストールはめちゃめちゃ簡単です。

Ubuntu 18.04でSurfShark VPNの設定しましたので紹介します。

debパッケージをダウンロードします。

wget https://ocean.surfshark.com/debian/pool/main/s/surfshark-release/surfshark-release_1.0.0-1.1_amd64.deb

wget.debパッケージをダウンロードしてきます(wgetがなければwgetsudo apt-get install wgetしよう)。

sudo apt-get install ./surfshark-release_1.0.0-1.1_amd64.deb
sudo apt-get update
sudo apt-get install surfshark-vpn

これでsurfshark-vpnコマンドが使えるようになりました。

surfshark-vpnコマンドの使い方

surfshark-vpnの使い方を紹介します。

Surfshark VPNのe-mailアドレスとパスワードで接続することができます。

sudo surfshark-vpn

初回に行うとe-mailアドレスとパスワードが聞かれます。

Enter Surfshark account email: example@gmail.com 
Enter Surfshark account Password:

次にどの国のvpnに接続するか聞かれます。

…
21 Estonia Tallinn
22 Finland Helsinki
23 France Paris
press enter for next page

次のページに行くためにはエンターを押せと出るので、

エンターキーを押し続けると

106 United States Orlando
107 Vietnam Ho Chi Minh City
Enter a number to select the location

国・都市番号を入れよとでます。

国の左にあるのがその番号ですね。

ちなみに日本は43です。

Enter a number to select the VPN connection type. For default UDP, press ENTER
0 TCP
1 UDP
1 selected

UDPで接続するかTCPで接続するかを聞かれます。

UDPの方が性能が出るのでデフォルトのUDPのままで良いと思います。

エンターを押します。

するとしばらくして、接続が完了します。

Checking for connection status...
Connected to Surfshark VPN
Your new IP: 45.87.213.106
Received/Sent: 0 B/156 B
Received/Sent: 0 B/156 B

上記のIPアドレスの場所を調べるとちゃんと日本の東京になっています。

http://keiromichi.com/index.php?ip=45.87.213.106

surfshark-vpnのオプションコマンド

surfshark-vpnコマンドにはいくつかのオプションがあります。

簡単に説明します。

surfshark-vpn help - 簡単なヘルプが見れます。
surfshark-vpn attack - 最寄りのvpnサーバーに接続してくれます。
surfshark-vpn multi - 複数のvpnを介してより追跡が困難な接続(MultiHop)を実行してくれます。
surfshark-vpn down - すでに立ち上がっているvpnクライアントを停止します
surfshark-vpn status - VPN接続状態を確認できます。
surfshark-vpn forget - ログイン情報を消去します。もう一度接続する場合にe-mailとパスワードを聞かれます。
surfshark-vpn version - バージョンを表示します。

SurfSharkをCentOSで使用する方法は?

 

コメント