UpdraftPlusでWordPressサイトをバックアップする方法・復元・移行する方法を徹底解説

WordPress
スポンサーリンク

UpdraftPlusを使用して手動でバックアップするなら超簡単

UpdraftPlusをプラグインからインストール。

インストールできたら設定のUpdraftPlus Backupsを開きます。

バックアップ/復元タブを開いて今すぐバックアップをクリックします。

今すぐバックアップをクリックすると、

データベースをバックアップする?

ファイルをバックアップする?

という質問項目が出てくるので、どちらもチェックを入れたままバックアップを開始します。

バックアップが開始されます。

かかる時間はWordPressサイトの規模によります。

画像がたくさんあるサイトでは多少時間がかかります。

バックアップが終了すると、Existing backupsというところにバックアップされた項目が現れます。

  1. データベース
  2. プラグイン
  3. テーマ
  4. アップロード
  5. その他

の5つ全てを別々でダウンロードすることができます。

ダウンロードするとzipもしくはgzip形式として圧縮されたファイルがダウンロードされます。

末尾が-db.gz

MySQLデータベースの内容を圧縮したファイルです。

主にブログの文章データが入っています。

あとはカスタマイズした設定が入っています。

末尾が-plugins.zip

wp-content/pluginsディレクトリを丸々バックアップしたファイルです。

末尾が-uploads.zip

wp-content/uploadsディレクトリを丸々バックアップしたファイルです。

ブログで使用している画像データが入っています。

末尾が-themes.zip

wp-content/themesディレクトリを丸々バックアップしたファイルです。

末尾が-others.zip

plugins, uploads, themes以外の、wp-contentディレクトリに入っているファイル+ディレクトリを丸々バックアップしたファイルです。

-plugins.zip, -uploads.zip, -themes.zip, -others.zipの4つを合わせるとwp-contentディレクトリの完全バックアップになるというわけです。

バックアップした内容をアップロードして復元してみる

ディレクトリのパーミッションに注意しよう

AWS S3に手動でバックアップ設定

設定⇨Amazon S3を選択します。

すると、ページのさらに下に、S3アクセスキー・S3シークレットキー・S3の場所を入力するように求められます。

S3アクセスキーはアカウント名みたいな物で

S3シークレットキーはパスワードみたいな物です。

s3://というのはS3でのバックアップファイルの保管場所のパスです。

⇩S3の設定方法は別記事を作成しましたので、こちらを参照してください。

 

最終的には次のように5つのファイルがAmazon S3に保存されます。

UpdraftPlus無料版と有料版でできることの違い

複製と移行

 

 

コメント