ConoHa VPSのプランをメモリ1GBから2GBにアップグレードしてみた

スポンサーリンク

ConoHaのVPSならプラン変更が非常に簡単

ConoHaのVPSの良い点のうちの一つが簡単にプランをアップグレードできる点です。
意外とそのままプランを移行できるVPSは少ないです。

ConoHa VPSのプランは主にメモリとCPUのコア数で異なっています。
ただし、512MBのみストレージのSSDの容量が20GBですが、他のプランは50GBになっています。
プラン変更はメモリ512MBプランを除く1GB~8GBのプラン間でスムーズに行えます。1GB~8GBのプラン間でストレージの容量が共通の50GBとなっているためと思われます。(512MBプランはテスト以外で使わないようにしましょう。拡張性がないので後々めんどくさいことになります。)

今回は、メモリ1GBプラン(月額900円)から2GBプラン(月額1750円)への移行を行いました。

というわけで実際にプランを変更してみた

とりあえず現状のVPSイメージのバックアップを作成する

万一に備えて、すぐに同じ環境にできるようにVPS自体のバックアップを作成します。
イメージに保存するには一旦VPSを停止する必要があります
個人のブログメディアなどであれば、短時間であればサイトにアクセスできなくなりますが、止めちゃってもいいでしょう。1秒も止めたくない人もイメージの保存では一旦VPSを停止するしかありません。

月額300円払えば自動バックアップをとってくれますので、そのイメージを使ってもう一つVPSを立ち上げて、ドメインのDNSの設定を変更して、そっちのIPを設定して移行期間を乗り切るという方法もあります。

VPSのプラン変更中に実際にVPSを止めている時間はどれくらい?

メモリ1GBプラン(月額900円)から2GBプラン(月額1750円)への移行を行いました。
その際に実際にかかった時間を測ってみました。
ページビューが最も少なくなる時間帯に移行作業を行っています。

午前2時03分に移行を開始して午前2時10分に移行が終了しました(参考になるかもしれないので、移行日を書いておくと、2018年9月29日です)。

移行にかかった時間は7分間ですね。個人的には許容範囲でした。
移行が終了したらVPSを起動します。
設定その他はそのままですので、ホストしているWebサイトはすぐにWebから接続できます。

実際に移行作業をやってみての感想

サーバーの引っ越しは結構大変というのがこれまでの感想でしたが、ConoHa VPSならそのままシームレスに変更ができるので、簡単でした。

スムースに移行するのは結構気を使う作業になります。(間違って消したりしていないか?ちゃんと新しい環境で全てが動いているか?などなど不安点でいっぱいです。)

その作業がシームレスにできてしまうというのはかなりGoodです!

コメント