学生・教職員ならConoHaカードを学割で買うと10%もお得にVPSが使えるよ

ConoHa
スポンサーリンク

VPSサービスのオススメ比較記事はこちらからどうぞ

学生だからクレジットカードがないけど、VPSを使いたい

クレジットカードが使えない場合、VPSなどのWebサービスを利用するのは結構面倒です。

いくつかのVPSでは銀行振込やコンビニ支払いに対応していますが、いちいち振込む手間や、支払い手数料がかかってきます。

おすすめしたいのがConoHaカード です。

ConoHa は最大の利用者数を抱える日本で業界最王手のVPSプロバイダーです。

また、東証1部上場のGMOインターネットグループの1事業です。

ConoHaカード はConoHaの全てのサービスで利用することができます。

具体的にいうと高速レンタルサーバーであるConoHa WING, ConoHa VPS, ConoHa for Windows Serverでも使えちゃいます。

これだけ使えれば、Wordpressブログやサイト運営、Webアプリの開発、MT4・MT5を使ったFXの自動取引まで幅広く挑戦できます。

ConoHaカードとは何なのか??

単なるプリペイドカードです。

例えば、5000円分のConoHaカード を購入すれば、ConoHaVPSでConoHaカードに記載されているコードを入力すれば、自分のアカウントに5000円分のチャージが行えます。この5000円がVPSの使用に伴って消費されていきます。チャージがある間はVPSを利用することができるわけです。

ConoHaカードを購入するには

  • Amazonで購入する
  • ConoHa ショップで購入する

ことができます。

Amazonで購入する場合

クレジットカードが無い場合でもAmazonではAmazonギフトカードをコンビニで買ってAmazonにチャージすることができるので、クレジットカード無しでもConoHaカードを購入することはできます。

※以前は購入できたのですが、現在は取り扱っていないようです(もしかするとコロナウィルスの影響かもしれません)。

ConoHaショップで購入する場合

  • クレジットカード
  • コンビニで支払う(支払い手数料150円)
  • 銀行振込(振込手数料がかかる)

の3つの支払い方法から選べます。

クレジットカードが無いと支払い手数料や振込手数料がかかります。

でも、クレジットカードが無くても学生さん(教職員も!)なら10%割引の学割がありますよ!!!

ConoHaカード購入には10%割引の学割がある!!

ConoHa学割を利用できる対象者は、

・日本国内にある大学、大学院、短期大学、専門学校、高等専門学校の学生
・日本国内にある大学、大学院、短期大学、専門学校、高等専門学校の教職員

末尾が.ac.jpというメールアドレスを持っている人なら、メールアドレスを認証するだけで、学生でも教職員でも10%でConoHaカードを購入することができます。

.ac.jpじゃなくてもそれに類する学校のメールアドレスであれば、適応されるようです。

また、学校機関のメールアドレスを持っておらず一般ドメインのメールアドレスの場合でも、『後日学生証のコピー等の在学を証明する書類の送付をお願いする場合がある』とのことなので、最悪、学生証等のコピーを画像で提出すれば割引を受けられます。

学生さんの場合はクレジットカードを持っていない場合も多いと思いますので、そういった方であれば、ConoHaカードを購入してコンビニで支払うのは悪くないアイデアですよね。

コンビニ支払いすると150円の支払い手数料を取られますが、学割が適用されていれば、支払い手数料以上にお得になりますよね。

全てのサービスで今すぐ使える!【デジタル版ConoHaカード】 ≪購入はこちら≫

コメント