新たにLinux環境を手に入れたら行う必須設定

Linux

CentOS7でやっておきたい設定を書いていく

sshでサーバーにログインする。

ユーザーを作っていい感じに設定する

ルートユーザーで行う

ユーザーを追加([username]の部分は任意の名前)

ターミナル useradd [username]

ユーザーにパスワードを付与

ターミナル passwd [username]

ユーザーに対してホームディレクトリを変更

例えばある[username]のホームディレクトリを/home1/[username]に変更したい場合。

ターミナル mkdir /home1/[username]
/home1/[username]の所有権はrootになっているのでそれを変更する。
ターミナル chown [username]:[username] /home1/[username]
usermod -d /home1/[username] [username]
いったん、rootからログアウトして、[username]でログインする。

プロンプトの見た目変更

ターミナル echo 'export PS1="[\u@\h \W]\$ "' >> .profile

GPUを確認

ターミナル nvidia-smi

SSHの設定

セキュリティ強化のため、rootでのログインを禁止する。

ターミナル vi /etc/ssh/sshd_config
PremitRootLogin no

sshdの再起動

ターミナル systemctl restart sshd

コメント