Thunderbolt 3とUSB Type-Cの関係をわかりやすく解説

スポンサーリンク

そもそもUSB Type-Cって何?

USB Type-C(USB-C)はコネクターとケーブル部分の規格です。

  • 上下のないコネクター形状
  • 100Wまでの電力の伝送(USB PD)
  • Thunderbolt, DisplayPort, HDMI といった他の規格もAlternate Modeとしてサポート

あくまで、コネクターとケーブルとしての規格なので、接続される機器側がUSB PDでの給電・受電に対応していない場合は電力を伝送できません。

また、USB Type-Cの規格ではこのように定められていますが、これを守っていないコネクターがついた機器やケーブルは中華製を中心として売られています。

Thunderbolt 3とはなんだろう?

PCのインターフェースの説明でこんなのがあった時よくわかんないですよね。

  • USB Type-C(Thunderbolt 3とUSB3.1に対応)が裏側に1個
  • USB3.1 Gen2 Type-Aが表に2個(ただし一個からは充電できる)
  • USB3.1 Gen2 Type-Aが裏側に2個
  • Micro SDXC のスロットと赤外線センサー

があるらしいと読み取れます。

USB Type-Cが「Thunderbolt 3とUSB3.1に対応」とはどういうことかわかるように説明します。

Thunderbolt 3(サンダーボルト スリー)はインテルによって規格が策定されて、AppleがThunderbolt規格の製品への導入を積極的におこなってきました。

簡単にいうと、Thunderbolt 3はこのUSB Type-Cの上位互換規格です。

つまり、Thunderbolt 3に対応とあれば、USB Type-Cの機能にさらにプラスして次のようなことができます。

  • デュアルフル4K解像度出力
  • 40Gbps のデータ伝送 (USB 3.0の8倍の速度)
  • USB3.1 gen2 (10Gbps伝送) にもれなく対応
  • DisplayPortに接続できる

40Gbpsってめっちゃ速くて、これのおかげで、5Kディスプレイが使えたり、グラフィックカードを外付けして運用(eGPU)しても違和感なくゲームができたりするわけですね。

また、USB3.1にはもれなく対応しているのでThunderbolt3に対応している時点でUSB3.1のことは書かなくてもいいですね。

というわけで、Thunderbolt3ポートがあればハイエンド環境を簡単に楽しめるよという話でした。

もっとややこしいケーブルの種類

ケーブルにはアクティブ・ケーブルとパッシブ・ケーブルがあります。

アクティブ・ケーブル

ICチップが内蔵されたケーブルです。信号強度を調整して、長距離接続を可能にします。
アクティブ・ケーブルはUSB3.0, 3.1など他の規格には対応しておらず、ほぼ、Thunderbolt3ーThunderbolt 3間での接続にしか使えません。

パッシブ・ケーブル

ICチップの内蔵されていないケーブル。その結果パッシブケーブルではケーブルの長さによってデータ転送速度が制限されます。

パッシブ・ケーブルはThunderbolt 3 - USB3.1 間や USB3.1 - USB3.1間でも使用できます。

パッシブ・最大データ転送速度 40Gbps(0.5m以下)
・最大データ転送速度 20Gbps(0.5mより長い)
アクティブ・最大データ転送速度 40Gbps

 

 

コメント