Amazon Echo dot とSwitchBotハブミニを組み合わせることでスマートホーム化

IoT

スマートホーム用の家電はどれも高いし選択肢が少ない

一番問題なのは、現在、Alexaに対応しているスマートホーム家電はちょっと割高ですし、選択肢も少ないです。

私にとって問題だったのは選択肢が少ない点です。

照明はできるだけ明るいものを使いたかったので、

を使っています。かなり明るくて良いのですがAlexaには対応していません。

使っているシーリングライトとエアコンをスマートホーム家電化

寝るときに手元にシーリングライトのリモコンが無いといちいちベットから立ち上がって、リモコンを取ってきてライトを消していたので、スムーズに寝落ちをしたい身としては辛いものがありました。

若干不眠症気味なので、寝れるときにスムーズに寝たいのです。

という訳で、Amazon Echo Dot(Alexa)を以前に激安(たまにAmazon music unlimitedとの抱き合わせで1000円ぐらいで売っていて、Amazon music unlimitedの1ヶ月分780円を引くと実質300円ぐらいで購入しました)で手に入れていたので、声で照明を消せる方法を試してみました。

ついでに、エアコンのオン・オフもAlexa経由でできるようにしましたー。

最新のAlexa対応シーリングライトであれば、良いのですが、家のシーリングライトはそんな高価なものではありません。

そのためにわざわざ家電を買い換えるのもどうかと思って、SwitchBot Hub miniを使って、スマートホーム化しました。

 ちなみに、ダメだったら、メルカリで3000円以上で売れているので、売ればいいやと、気軽に注文してみました。

⇩結構メルカリに出品されてますが、高い値段で売れてます。

SwitchBot Hub mini はスマホ・Webから利用できる汎用赤外線リモコンです。

AlexaやGoogle Homeなどと連携もできます。

様々な家電の赤外線リモコンから発する電波を模倣することができるので、多様な各種家電をコントロールすることができます。

コントロールされる側の家電はリモコンが付属しているモノであれば大体コントロール可能です。

人 ⇨ リモコン ⇨ 家電

から

人の声 ⇨ Alexa ⇨ SwitchBot Hub mini  ⇨ 家電

という感じになります。

  • 本体
  • 電源用USBケーブル ( マイクロUSB(本体側) ⇨USB typeA)
  • 壁などに貼り付けるための両面テープ
  • クイックガイド

の4点が入っています。

PCのUSBポートからも電源供給できますし、安いUSB充電器でも電源供給できますね。

例えばこんなやつ⇩

Switchbot hub miniの設定・接続は簡単?

SwitchBotというアプリをGoogle Play Store やApp Storeからダウンロードします。

スマホでSwitchBot Hub mini の設定をおこないます(Bluetooth接続で通信します)。

SwitchBot のアカウントを作成する必要があります。

正直に言って、 SwitchBot Hub mini  のアプリの使い勝手は極めてGood!です。

SwitchbotはWebから操作できる汎用赤外線リモコンです。

ですので、外出先から家の家電の電源を切ったりすることもできます。

Alexaにも対応しているので、Alexa経由でこのWeb汎用赤外線リモコンを操作することができるわけです。

SwitchBot アプリはこんな感じ

 

スマホをリモコンのように使うことができます。

テレビなどでは試していませんが、当然、テレビでもリモコンとして使うことができます。

SwitchBot

SwitchBot

wonderlabs, Incorporated無料posted withアプリーチ

Amazon Alexaアプリはこんな感じ

 

Amazon Alexaアプリから照明のオン・オフができるようになります。

もちろんこれで、Echo Dot(Alexa)の音声経由で、照明をオン・オフできるようになるわけです。

Amazon Alexa

Amazon Alexa

AMZN Mobile LLC無料posted withアプリーチ

Switchbot hub miniは実際に使ってみてどう?

一度設定してしまえば、特に他にやることはありません。

Switchbot hub miniがトラブルを起こすことも今のところありません。

非常に気に入っております。

コメント