具体例で丁寧にタンパク質のモル濃度の計算方法を解説していく

未分類

1 mg/mlのタンパク質のモル濃度換算

分子量10000(10kDa, 10000Da)のタンパク質溶液が1 mg/mlという濃度である。

これは何μM? ⇨  100μM

分子量100000(100kDa, 100000Da)のタンパク質溶液が1 mg/mlという濃度である。

これは何μM? ⇨  10μM 

逆に分子量100kのタンパク質複合体が50μMといえば5mg/mlに相当するわけである。

分子量μM
10000100.0
2000050.0
3000033.3
4000025.0
5000020.0
6000016.7
7000014.3
8000012.5
9000011.1
10000010.0
2000005.0
3000003.3
4000002.5
5000002.0
6000001.7
7000001.4
8000001.3
9000001.1
10000001.0

次にこれはどのように計算しているのか具体的にみていく。

具体例で見ていくタンパク質のモル濃度計算

actinというタンパク質 の分子量は約42000である。ここでは簡単のために42000とする。

例えば、1 mg/ml の濃度でactin溶液があるとして、この溶液のモル濃度を計算する。

actin が1 mol あると42000 g になる。これは定義だ。分子量42000の分子が1 mol(6.02 x 1023個)あると42000 g になる。

小さいタンパク質でも6.02 x 1023 個も集めればどっさり42000gになるわけだ。

42000 g を1Lに溶かすと1 モル濃度(1 M と書くよね)になる。

actinの場合

42000 g / L = 1 M

g/L の単位を mg/mLに変えても同じことだ。

42000 mg/mL = 1 M

だ。

ということは、1 mg/mL のactin溶液のモル濃度はいくらか?

1/42000 M =  0.00002381 M = 0.02381 mM = 23.81 μM

となる。

モル濃度と%(パーセント, w/vol)の換算方法

分子量688.4の界面活性剤があるとする。

これの100μMは何%(w/vol)なんだろうか?

1M 溶液を作るには?

688.4gを水に溶かして1L作成すれば良い。

パーセンテージにすると、68.84%(w/vol)だ。

では、100μMは68.84÷1000÷10で計算できるね。

0.006884%になる。

percentagemM
1%(w/vol)14.52643812
0.1%(w/vol)1.452643812
0.01%(w/vol)0.1452643812
0.001%(w/vol)0.01452643812

 

コメント