最新型Ryzen3000シリーズとAdobe製品は相性が良いのか?結局どうなの?

Ryzen
スポンサーリンク

TECHPOWERUPというサイトがAdobe製品でのベンチマークを出していたので紹介します。

Ryzen3700Xはめっちゃコスパが良い

まず、CineBenchというCPU性能を測る超有名ソフトのベンチマーク

マルチコアフル稼働時のベンチマーク値はRyzen 7 3700X が4913で、IntelのCore i9-9900Kが4463

10%以上Ryzen 7 3700Xの方が高い値を出しています。

Ryzen 7 は本来Core i7と比較されるべきグレードのCPUなのに、Intelの最上級グレードのi9-9900Kよりベンチマークが良いのですから驚きです。

Core i9-9900K のアマゾン価格 5.7 万円(2019年7月16日調べ)

Ryzen 7 3700X のアマゾン価格 4.3 万円(2019年7月16日調べ)

価格差1.4万円あるのにRyzenの方がベンチマークの値が良くなっています。

null

緑のバーの値が通常使用時の値です。
赤はオーバークロックした時のベンチマーク値です。

null

シングルコアの計算速度もRyzen 7 3700Xの方が高速です。

他のベンチマークでもRyzen 7 3700Xの方が高速であるという結果になっています。

このように圧倒的に単純な計算速度ではRyzen 7 3700Xの方が高速なようです。

Adobe製品を使用した時の性能はRyzen 7 3700Xはどうでしょうか?

Adobe Photoshop CCでの画像編集ではどんな結果?

Adobe Photoshop CCで非常に重い画像編集(重くないとベンチマークが測りにくい)をした時の処理速度です。

Ryzen 7 3700X が497.87 ms

Core i9-9900K が 427.23 ms 

です。15%程度Core i9-9900Kの方が高速です!

ほとんどの普通のベンチーマークではRyzenの方が10%も良い値を出していたのに、この結果です。
いかにAdobeがIntel製品に最適化して、Ryzenシリーズへの最適化を怠っているかがわかります。

Intelの一つ世代の古い、Core i7-8700K(約4.3万円)より低速な結果が出てしまっています。

もっというとグレードが下のCore i5-9600K(3.1万円), Core i5-8600K(3.5万円)にすら負けています。

Photoshopをガシガシ使う人にとっては3.1万円と格安なCore i5-9600Kが意外とオススメです!!

Adobe Premiere Pro CCでの動画編集ではどんな結果?

Adobe Premiere Pro CCでの動画編集の場合、

Core i9-9900Kの方が 8% 高速であるという結果です。

傾向としてはPhotoshopの時と同様です。Adobe製品の場合はIntelの方が良いようです。

Premiere Proの場合は重い動画編集を行う際はCPUよりもGPUの方が重要になってきます。

null

まとめ

Adobe製品だけを使用するならIntelのCore iシリーズの方が良いようです。
特にIntel Core i5 9600Kが低価格かつベンチの結果が良く出ています。

他のベンチマークは圧倒的にRyzen 3000のコスパが良いのでオススメです。

特に Ryzen 7 3700X はTDP(消費電力)が65Wとかなり低く、Core-i9 9900Kが95Wであることを考えると、運用コストも低く抑えられます。

その他のベンチマークはTECHPOWERUPを参照してみてください。

https://www.techpowerup.com/review/amd-ryzen-7-3700x/10.html

コメント