Nicefeelポータブル口腔洗浄器で歯間を洗ってケアしておけばほぼ虫歯にならないです

家電・ガジェット
スポンサーリンク

虫歯予防には歯間ケアが最重要

虫歯になりたくないなら歯間のケアが最も重要です。

予防医学の重要性を啓蒙している健康オタクのホリエモンは歯を虫歯で失ってインプラントにした経験から歯間ケアに目覚めて、フロスと歯間ブラシで毎晩ケアしています。ホリエモンって科学的にはかなり正しいことを言っているので健康本はおすすめです。

 

 

ただフロスと歯間ブラシって結構めんどくさいし時間がかかります。

水流で歯間ケアを行うことができるジェットウォッシャーがかなりおすすめです。

おすすめ歯間ケア用ジェットウォッシャー

パナソニック 口腔洗浄器 ジェットウォッシャー ドルツ

パナソニックのジェットウォッシャーもかなり良いです。

以前はこれを使っていました。ただしこれ結構でかいので、洗面所のスペースが狭いと常時そこに置いておくことができません。結果として、別の場所にしまっておいて使うときに出すということになり、面倒くさくなってほとんど使わなくなりました。

洗面所周りにスペースがあるならパナソニックのジェットウォッシャーでもいいと思いますが、ハンディサイズのジェットウォッシャーが最近出ていてかなりおすすめです。

パナソニック 口腔洗浄器 ジェットウォッシャー ドルツ 青 EW-DJ51-A

 

これだとほとんどスペースをとりません。ただ、7000円ぐらいするので、ちょっと試したい人には向いていません。

しかも充電スタンドが意外と大きくて邪魔です。

Nicefeelポータブル口腔洗浄器 ジェットウォッシャー IPX7防水

おすすめしたいのが、中華製品でありながらかなり優秀なNicefeelのジェットウォッシャーです。

3000円ぐらいで、性能はパナソニックと同程度です。

歯間に溜まった歯垢もきれいに取れます。

実際にジェットウォッシャーで洗浄した後に、デンタルフロスで歯間を掃除しても歯垢がとれません。

気になる方はチェックしてみると良いと思います。

おすすめのデンタルフロスは「クリニカ アドバンテージスポンジフロス 」です。一個250円と安いし、ワックスがついているので簡単に歯間に糸が入ります。

歯間ケア後にはフッ素入の歯磨き粉で丁寧にブラッシング

歯科医療先進国のスウェーデンではフッ素入りの歯磨き粉でブラッシングしたら、口を水でゆすがずにフッ素を口の中に高濃度で残すためにそのまま飲み込むことが推奨されています(試してがってん情報)。

歯磨き粉を飲み込むことに抵抗がある人は「口をゆすぐのを一回にしましょう」とのことでした。

とにかく高濃度でフッ素を歯に残すことが大切です。

おすすめの歯磨き粉はチェックサムです。泡立ちとミントの刺激が少ないので、長時間歯磨きを行うことが可能です。

コメント