WealthNaviの口座開設が非常に簡単で証券業界に新風が吹いてる感じだった

WealthNavi
スポンサーリンク

WealthNaviの口座開設してみたら

WealthNaviの口座開設の流れ
  • ステップ1
    メールアドレスの登録
  • ステップ2
    登録したメールへ認証コードが届く
  • ステップ3
    メールに届いた認証コードを入力
  • ステップ4
    パスワードを設定
  • ステップ5
    口座開設に進む
  • ステップ6
    電話番号・職業・投資経験を入力
  • ステップ7
    出金時振込口座(ネット証券もOK)を入力
  • ステップ8
    運転免許証+個人番号通知カード or マイナンバーカードの写真(画像)をアップロード
  • ステップ9
    規約等の同意・特定口座について希望
  • ステップ10
    口座開設のお知らせの簡易書留の配達希望日
  • ステップ11
    申し込み完了

メールアドレスの認証

ザ・Webサービスという感じで、まず、

メールアドレスを登録して、きちっと認証するという感じになっています。

メールアドレスが認証コードによって確定してから他の情報を入力するという形です。

普通の証券口座だとメールアドレスは脇役って感じですが、WealthNaviは違いますね。

住所を入力する必要がない

WealthNaviも証券業なので金融商品取引法の元に口座開設時にユーザーから集める必要がある情報があると思いますが、最低限の内容になっています。

当然、規約への同意や、反社会的勢力でないかという確認は必要です。

住所を入力する必要がないのが驚きです。

確かに運転免許証や個人番号通知カードを写真にしてアップロードするのに、住所を入力しなければならないのはおかしいですよね。

アップロードした画像から、住所等を画像認識技術で抜き出すのは今時難しくないですよね。

普通の証券会社が紙ベースで作り上げた手続きをすっ飛ばしてユーザー目線で非常に賢いですね。

口座を開設するのは簡単だった!さぁ投資しよう

で、投資はどうなんよという話。

ちなみに私、投資歴は結構あって25歳くらいから10年ぐらい色々な物に投資してきました。

うまくいったり、いかなかったりしてます。

一応アベノミクスに乗って資産がある程度増えたクチですが、決して才能があったとかそういうのではありません。

自覚しています。はい。運です。

めっちゃ本とか読んで勉強したけども、最近の投資成績はイマイチです。

なので、奢り昂らず、初心を忘れずに行きたいと思い、WealthNaviが良いんじゃないかと口座開設を行ってみました。

もちろん、最初から全力でWealthNaviとかいうことはしません。

30万円ぐらい投資してみて様子をみようと思います。

コメント