投資

スポンサーリンク
インタラクティブ・ブローカーズ証券

サクソバンク証券で米国株オプション取引がはじまったので、インタラクティブ・ブローカーズ証券と比較して、サクソバンクのメリット・デメリットを考える

サクソバンク証券が外国株オプション取引を導入! サクソバンクが外国株オプション取引を開始しました。 これはすごいニュースですね。 てっきり、外国株オプションは規制の関係で日本国内の証券ではできないのかと思っていました。 米国株に強い...
GMOクリック証券

GMOクリック証券CFD取引のわかりにくいロスカットレートについて徹底解説

GMOクリック証券のCFD取引のロスカットレートがわかりにくい? GMO証券のCFD取引を始めると最初に引っかかるのがロスカットレートの仕組みです。 「決められた値幅で建玉ごとにロスカットレートが決まる」 ということを覚えておけばOK...
BDC

大暴落で配当利回り30%!BDCを時価総額ランキング25、PBR, 配当利回り,レバレッジ率,暴落率を徹底比較!

BDCの時価総額ランキング25と純資産・PBR・直近配当利回りを添えて 2020年4月4日時点でのBDCの時価総額ランキング25と純資産・PBR・直近配当利回りを表にしました。参考にしてみてください。さらに銘柄ごとのレバレッジ率(純資産に...
スポンサーリンク
外国株

値動き3倍のSPXLは長期でどれくらい減価するのか?徹底解説&検証!!

レバレッジ型ETFを使えば投資成績で年利20%も夢じゃない? レバレッジ型ETFはうまく活用すると少ない資金で大きな利益を狙えるので結構便利ですよね。 S&P500の長期のリターンが7%なので、レバレッジを3倍かければ年間21%...
投資

2020年3月10日から3月13日に自社株買いを決定した資本政策が優秀ぽい会社

暴落時に自社株買いを行える会社はかなり有望 リーマンショック以来の恐怖指数(VIX)を叩き出した大暴落がきてますね。 ピンチはチャンス、チャンスはピンチです。 落ち着いて投資していきましょう。 暴落時に自社株買いを機動的に行える会社...
投資

徹底図解!誰でも外国税額控除をして払い過ぎた税金を取り戻せる方法を詳しく解説したよ

要点です。 ネット証券最大手のSBI証券で外国株・ETFから得られる配当・分配金について払い過ぎた税金を取り戻す方法を紹介! 外国株の配当金、外国株ETFの分配金などには現地で源泉徴収がされ10%引かれた状態で支払われ、その後日本で...
投資

SBIネオモバイル証券は少額投資できるので自分だけの指数を作るのにぴったり!注意点やメリットを徹底解説

独自の立ち位置で既存証券会社と差別化を実現したSBIネオモバイル証券 SBIネオモバイル証券は立ち位置の非常に面白い証券会社です。 投資単位が非常に低いので、例えば、10個の株からなるポートフォリオを組みたい時に金額均等で買い付けたりす...
外国株

配当利回り8%越えのARCCは果たして安全なのか?

⇩大暴落で配当利回り30%超もARCCを含むBDCの時価総額・純資産・PBR・配当利回りを比較しています。よかったらどうぞ! 大暴落で配当利回り30%!BDCを時価総額ランキング25、PBR, 配当利回り,レバレッジ率,暴落率を徹底比較! ...
投資

特別法人税復活に怯えてiDeCoに加入できていない人は国策に逆らったらあかん

iDeCoって結局お得なのか? iDeCoは色々と言われますが、結論から言うと間違いないくお得です。 老後2000万円が必要という報告レポートがでて大騒ぎになりましたが、一般国民にとって老後のお金というのは物凄くセンシティブな話であり、...
投資

楽天・全米株式インデックス(楽天VTI)はCRSP USトータル・マーケット・インデックス + 分配金をベンチマークとしている

  結論: 楽天・全米株式インデックスはCRSP USトータル・マーケット・インデックス + 分配金をベンチマークとしています。 楽天VTIにまつわる誤解 楽天・全米株式インデックス・ファンドはバンガード・トータル・ストック・マーケッ...
スポンサーリンク